2008年06月09日

どうすれば不平等や貧困の拡大を防げるか!

どうすれば不平等や貧困の拡大を防げるか!


企業の求める社員像は、「多数の熟練社員(多数の学生を採用し、OJTによって育て上げ、
熟練職員にしていく)」から、「少数の創造的な社員と、多数の単純労働社員」
とに変化していった

税制改革においては、近年、生産年齢人口においてより拡大している所得格差への影響も考慮すべきである。

実際に、ジニ係数は、1980年代半ば以降大幅に上昇し、OECD平均を大きく下回る水準からやや上回るまでに上昇し、日本の相対的貧困率は今やOECD諸国で最も高い部類に属する。

人口高齢化は、賃金のばらつきが比較的大きい50〜65歳の労働力の割合を高めるため、格差拡大の一因となっている。

しかし、主な要因は労働市場における二極化の拡大にあると考えられる。

10年前には全労働者の19%だった非正規労働者の割合は、30%以上に増加した。

パートタイム労働者の時間当たり賃金は平均してフルタイム労働者の40%にすぎない。

この格差は、生産性の差で説明するには大きすぎると考えられる。

非正規労働者の増加は部分的には景気循環要因で説明されるが、非正規労働者から正規労働者になった者の割合が低いことを考慮すれば、労働市場の二極化が固定化するリスクがある。

所得格差や貧困の拡大を反転させる重要なひとつの鍵は、労働市場の二極化の緩和である。

これには、正規労働者に対する雇用保護を緩和するなど、企業の非正規労働者雇用のインセンティブを低下させる包括的なアプローチが必要とされる。

また、臨時雇用者に対する社会保障の対象範囲を拡大し、非正規労働者の雇用見通しを改善することが重要である。

このように、非正規労働者への配慮が非常に大切であると思う。
無料お試し

posted by あちゃこ at 09:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 格差賃金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。